ピカイチ野菜くん主催のスロージューサーH-AA実演会に参加しました!

ピカイチ野菜くん主催のスロージューサーH-AA実演会に参加しました!

ピカイチ野菜くん主催のスロージューサーH-AA実演会に参加しました!


ヒューロムスロージューサーH-AA発売記念、ということでヒューロムスロージューサーの正規代理店であるピカイチ野菜くんのセミナー兼H-AA実演会に参加してきました!

 

ヒューロムスロージューサーH-AA」は2016年4月半ばに発売された最新機種ですが、ホームページや販売店の情報だけでは「何が変わったの?」となり違いがいまいち分からなかったのではないでしょうか。

 

管理人にもカタログスペック以上のことはピンと来なかったのですが、実演会に参加してみて初めてわかったことがあったのでその内容をお伝えしますね!

 

ちなみに結論から言うと、H-AAは前機種ヒューロムスロージューサーH2Hより想像以上に高性能になっていました。公式情報では伝わってないことがあります。

 

 

そもそもピカイチ野菜くんの会社「株式会社一粒万倍」とは

スロージューサーを知る人にとってはピカイチ野菜くんの名の方が有名ですが、会社名は「株式会社一粒万倍」です。

 

もともとスロージューサーの販売店ではなく、有機栽培中心とする八百屋が始まりです。
IT化の波に乗り、2003年からインターネット通販をスタートしました。このショップこそがおなじみ「ピカイチ野菜くん」です。

 

時代とともに食に求められるものが「安さ」から「安全性」や「健康」に移行していき、扱っていた無農薬人参が大ブレイク。調べてみると健康を患った方が沢山購入していたことが判明しました。
いわゆる大量に野菜を必要とする、ゲルソン療法をしていた人たちです。

 

そんなユーザからスロージューサーの要望があり、スロージューサー販売代理店業務がスタートしました。今ではヒューロム社認定のジューサー専用のメンテナンスセンターを持つほどです。

 

今回の実演会は「ヒューロムスロージューサーH-AA」をもっとユーザに知っていただきたいというピカイチ野菜くんの想いがあって実現したものです。

 

ヒューロムスロージューサーH-AAの実演レビューとその評価

細かいカタログスペックは別ページで特集していますのでそちらを御覧ください。

 

ヒューロムスロージューサーH-AAの詳細
最新「ヒューロムスロージューサーH-AA」とH2H」の違いを比較

 

ここでは公式ホームページや公式資料を見ても載っていないことをお伝えします。

 

本当に音が静かになって、夜でも使えるようになった


公式ページには「静かなスロージューサーがさらに静かに!」ってありますが、正直「分からないよ!」って人がほとんどだったのではないでしょうか。

 


これについては中の回転ブラシの回転数が17回転まで落ちたことでより低速でジュースを搾るようになりました。中の回転数が落ちたことでH2Hと比較してかなり静かになったのですね。
というよりH2Hを使ったことがある人はわかると思いますが結構うるさかったんですよね。アレ。夜中には絶対使えないレベルでした。「ゴウン、ゴウン」鳴ってました。

 

でもH-AAの静かさはと言うと、「ぐーーん、ぐーーん」といった感じでほとんど気にならないレベルです。上記公式ページの赤ちゃんが寝る画像がありますが、本当に寝れるレベルです。

 

搾汁量はH2Hより10mlほど多く搾れる。


H-AAはホームページにも資料にもH2Hの時にあった搾汁量がのってないんですよね。ちなみに「ヒューロムスロージューサーH-AA」はちゃんと搾汁量の記載があって、500gのにんじんから238gのジュースが搾れるとあり、これは他社製スロージューサーと比較しても圧倒的な搾汁量でした。

 

H-AAを調べた人は搾汁量が書いてないので「もしかして減った?」って感じた人もいたのではないでしょうか。管理人は少なくともそうでした。

 

でも実演してくれたピカイチ野菜くんの社員さんにお聞きしたところ、「実際に搾った結果、H2Hと同じにんじんを搾った結果、10ml多く搾ることができた」そうでむしろ増えてました

 

フローズンストレーナーに対応しました

過去のヒューロム製スロージューサーはフローズンストレーナーがなく、フローズンアイスなどは他社製に任せるしかありませんでした。
今回ヒューロムスロージューサーH-AAにはフローズンストレーナーが付属しますので凍らせたフルーツなどをアイスやシャーベットにすることが可能です。

 

 

実演会でもシャーベットを作る、予定だったのですが凍らせたマンゴーが半分くらい溶けてしまい半溶けマンゴーでシャーベットを作っていました。

 

 

でも間近で見れたことでちゃんとフローズンデザートは作れるということはわかりました。

 

グリーンスムージーも作れます


スロージューサーを買う前の質問で多いのが「スムージーも作れるのか?」、「うまくいかない」という意見です。

 

今回同じように質問した人がいて、実際に「グリーンスムージー」を作って飲む時間がありました。

 

グリーンスムージーを作るポイントは、

 

1.ストレーナーをジュースストレーナーから付属のスムージーストレーナーに替える
2.材料を入れる順番に気をつける

 

だそうです。

 

1.について、ジュースストレーナーは網目が小さくにんじんなどを搾るには適していますが、バナナなど果肉もとりたい!場合網目に引っかかりますので適していません。
付属のスムージーストレーナーにすることで網目が大きくなり、バナナなどの果肉をジュース側に残しやすくなります。

 

2.について、例えばにんじん、リンゴ、葉っ系、バナナでスムージーを作るなら、

 

「葉っぱ系、バナナ、リンゴ、にんじん」

 

の順で投入すると良いそうです。はじめの葉っぱで水分がたまり、バナナが絞りやすくなり、最後に硬いにんじんで押し出すことでより多くジュースが作れるとのことでした。
実際に実演したスムージーを飲みましたがめっちゃ美味しかったです!

 

ドラム容量は変わらず


ドラム容量も公式ページに記載がありませんが、前機種のH2Hと同じ450mlでした。ちゃんと同じ容量だけ貯められます

 

その他のポイント

上記以外のポイントでは、公式ページに記載がありますが、

 

軽くスタイリッシュになった
ドラムの改良→口の上部が空いて洗浄の際に繊維を取りやすくなった。
投入口が半透明になって見やすくなった
スクリューの形が進化して押し棒を使わなくても食材が入れやすくなった

 

などがあります。

 

このように前機種「H2H」はスロージューサーの中でもトップクラスの性能を持っていましたが、「ヒューロムスロージューサーH-AA」はそれの完全な上位機種となっていました。
単にコールドプレスジュースを作るだけでなく、スムージーやフローズンデザートが作れるので便利な機種です。

 

 

スロージューサー のおすすめ比較を見る