業務用スロージューサーヒューロムとエンジェルジューサーの比較

業務用スロージューサーヒューロムとエンジェルジューサーの比較

業務用スロージューサーヒューロムとエンジェルジューサーの比較

カフェやお店でスロージューサーを販売したい。もしくは家庭でも高くていいから高性能なスロージューサーが欲しい。

 

この場合業務使用スロージューサーを検討する余地があります。例えば店舗でスロージューサーを動かし続ける場合、家庭用の連続稼働時間は30分に制限されているからです。

 

でも業務使用スロージューサーのメーカーは少なくヒューロム社製とエンジェル社製の2択になります。

 

今回そのヒューロム社とエンジェル社製の業務用スロージューサーを比較してみました。

 

ヒューロムからはヒューロム社唯一の「ヒューロムスロージューサーHWプロフェッショナル」を。エンジェル社からは「エンジェルジューサーAG7500」を選出しています。

 

「HWプロフェッショナル」と「エンジェルジューサー」のスペック比較

 

機種 HWプロフェッショナル エンジェルジューサー
回転数(毎分) 43〜48回転 82回転
連続稼働時間 12時間 30分
ドラム容量 800ml
重さ 9.0kg 12.0kg
大きさ 幅200×奥行282×高さ460mm 幅514×奥行191×高さ277mm
搾汁量 記載なし 347g(にんじん500gに対して)
音の静かさ 記載なし 平均64.0dB
投入口 半透明 単色
保証 メーカー保証1年 5年無償修理
価格 198,000円(税抜) 175,000円(税抜)

 

まず2機種の特徴で特筆すべき点は以下です。

 

連続稼働時間
搾汁量
スクリューの回転数
保証

 

長時間ジュースを作るなら連続稼働時間が大事

 

HWプロフェッショナルは12時間、エンジェルジューサーは30分です。コールドプレスジュース専門店など一日作り続ける必要があるならHWプロフェッショナルでしょう。
ただしカフェなどそこまでオーダー数が多くない場合や家庭で作る場合は30分あれば十分ですのでエンジェルジューサーでも問題無いでしょう。

 

搾汁量とスクリューの回転数はコールドプレスジュースの量と質に直結します

 

搾汁量はエンジェルジューサーのみ公開されており、にんじん500gに対して347gです。ヒューロムスロージューサーH2Hの搾汁量がにんじん500gに対して238gですので家庭用の約1.5倍。多く搾れるということは長期的にみて素材のコストを減らすことが可能です。
HWプロフェッショナルのデータはありませんが、スクリューはH2Hのものを一回り大きくしたものであるため、極端に搾汁量は変わらないと推測できます。

 

スクリューの回転数はHWプロフェッショナルは43〜48回転、エンジェルジューサーは80回転です。

 

そもそもスロージューサーのコンセプトは「スクリューを低速回転にすることで熱を発生させず、栄養と酵素を壊さずジュースにする」ことです。
そしてコールドプレスジュースを飲みたい人は「市販の野菜ジュースより健康・美容によい高品質なコールドプレスジュース」を求めています。

 

搾汁量を重視するならエンジェルジューサー。回転数を求めるならHWプロフェッショナルということです。

 

使用時間が長くなればなるほど保証期間が大事になります

 

HWプロフェッショナルの保証はメーカー保証の1年間ですが、エンジェルジューサーはピカイチ野菜くんの5年無償修理です。保証についてはエンジェルジューサーが圧倒的に上です。

 

業務用スロージューサーの性能は両者特筆すべき点がそれぞれありますが、保証面を考慮するなら「エンジェルジューサー」に軍配が上がります

 

 

スロージューサー のおすすめ比較を見る