【スロージューサーのススメ】健康を損なわずダイエット方法!

【スロージューサーのススメ】健康を損なわずダイエット方法!

ダイエットと健康を両立するには栄養が必要

健康のため、美容のため、スタイルを良くしたい、スポーツ上達のため、といった理由でダイエットをしたことはあるでしょうか?
そしてそれは上手くいきましたか?それとも失敗しましたか?

 

「空腹に耐えきれずお菓子を食べてしまった・・」
「カラダがふらふらして体調にを崩してしまったためやめてしまった・・」

 

どちらかといえば上手くいかなかった方が多いのではないでしょうか。
ダイエットの方法に流行り廃りはあってもダイエットの悩みはなくならないものです。

 

そして単純にダイエットで体重を減らすことができても健康を損なっては意味がありません。

 

健康を維持しつつダイエットするには抑えるべきポイントがあります。

 

ダイエットの基本は「摂取カロリー < 消費カロリー」

 

まずダイエットの基本ですが、

 

・消費カロリーを増やす
・摂取カロリーを減らす

 

片方、もしくは両方を実践し、「摂取カロリー < 消費カロリー」となればやせます。
というよりこれ以外の要因でやせることはありません。

 

そのため消費カロリーをいかに増やし、摂取カロリーを減らすかが重要になります。

 

運動による消費カロリー

体重60sの人物が30分運動した場合の消費カロリーの例です。

 

普通に歩いた場合 : 94.50(kcal)
一般的なジョギング : 220.50(kcal)
腕立て伏せや腹筋運動などの筋トレ : 252.00(kcal)
水泳(クロール) : 252.00(kcal)

 

体重を1kg減らすために必要なエネルギー量を7200kcalとした場合、毎日30分運動をした時の消費カロリーは以下になります。

 

水泳(クロール)252.0kcal×30日=約7560kcal

 

実際は週に2,3回であったり1回で30分以上運動するので変動はしますが、1か月に1s〜2s減量できる計算になります。

 

運動を中心にしたダイエットのメリットは実践して健康を阻害することがないこと、反対にデメリットは継続に時間と労力、根気がいることです。

 

食事改善による摂取カロリー

食事で気をつけることは「食事制限する」ことではなく「食事の質を変える」ことです。

 

例えば「糖質制限ダイエット」や「たんぱく質中心ダイエット」がありますが、一日にとる糖質を0にする、逆にとるエネルギーをたんぱく質だけにするのは困難です。

 

また極端に制限する系のダイエットは栄養素が偏りやすくなります。たとえ体重を減らすことができても健康を害してしまうのでは意味がありません。

 

実践のポイント

ダイエットをしつつ健康を損なわないポイントは以下の2つです。

 

1.消費カロリーを増やすため、運動をする
2.摂取カロリーの質を変えるため、食事の内容を変える(単純にカロリーを減らすだけでは弊害がある)

 

さらに2についてはポイントがあります。

 

たんぱく質はしっかりとる(カロリー燃焼用の筋肉を落とさない)

  →炭水化物を制限するとカラダは筋肉と脂肪を分解してエネルギーを作り始めます。筋肉の減少を防ぐため1日あたり体重×1g〜2gのたんぱく質をとりましょう

たんぱく質、脂質、炭水化物(特に糖質)の中で炭水化物の割合を減らす。ただし0にはしない

  →必要以上に減らすと途中でがまんできなくなり、反動がきます

脂質は可能な限り良質なものをとる

  →マーガリンなどトランス脂肪酸を含むもの避け、オリーブオイルやココナッツオイルなどをとる

ビタミン、ミネラルなど栄養のある野菜をとる

  →ダイエット中は食事が極端になりやすいです(鶏肉だけとか)。必要に応じてサプリの使用も必要です。

 

ダイエット断念の1番の理由は「もう続けたくない!」という気持ちになることです。
極端なカロリー制限の結果、耐えられずドカ食いしてしまったり、食事内容に気を遣うばかり、毎日の複雑な献立を考え作るのが億劫になったり、毎日4キロ走るぞ!と決めて3日で飽きたり。

 

ハードルを上げすぎて継続できなくなったら、それこそ努力のムダになります。
継続できるようにダイエット中にやることはシンプルにすることが大事だと考えます。

 

ダイエット中にも栄養はしっかり取る

ダイエット中は特に栄養が不足しやすくなります。
特に女性はダイエットと美容をセットに考えてすることが多いです。

 

単純に痩せたけど肌あれがひどい・・、などになってしまったらもったいないです。

 

そうならないため、ダイエット中も合わせて栄養はきちんととりましょう。
低カロリーで栄養をとるためには、サプリメント、スムージー、プロテインなどを使うのも手です。

 

きちんと野菜から栄養をとりたいのであれば、スロージューサーで作るコールドプレスジュースがおすすめです。
コールドプレスジュースは栄養と酵素が沢山入ったジュースですので、ダイエット中にも適しています。

 

スロージューサーのおすすめを比較する