最新「ヒューロムスロージューサーアドバンスド100」と「H-AA」の違いを比較。性能と料金の違いは?

最新「ヒューロムスロージューサーアドバンスド100」と「H-AA」の違いを比較。性能と料金の違いは?

最新「ヒューロムスロージューサーアドバンスド100」と「H-AA」の違いを比較。性能と料金の違いは?


2018年7月に新発売する「ヒューロムスロージューサーアドバンスド100」。全機種H-AAも高性能でしたが何が違うのでしょうか?比較してみました。

 

なおアドバンスド100は2年越しの最新モデルなのでH-AAにしようかと思っていた人にはアドバンスド100をオススメします

 

すべての機能面でアドバンスド100が上です。

 


 

 


 

ヒューロムスロージューサー「アドバンスド100」と「「H-AA」の1番の違いは洗浄時間と手間

  アドバンスド100 H-AA
重さ 5.8kg 4.8kg
投入口 縦口と大きめの斜角の2箇所 縦口1箇所
価格 45,800円(税抜) 36,800円(税抜)

 

アドバンスド100の重量は5.8s、H-AAは4.8sで1kg重くなりました。ノートPC1台分の差がありますね。(MacBook1台ほど)

 

ただ重さ6.2kgあるH2H(H-AAの1世代前の機種)を使っていますがそこまで気にする重さではありません。家の中で移動させる分には楽です。

 

また投入口が広くなったのがポイントです。

 

今までの機種は切った食材を1つずつ入れてましたが投入口が幅広く斜角がついたので一度に入れられるように。

 

「アドバンスド100」は水洗いだけで洗浄可能。洗浄時間が「H-AA」の6分の1に

 

一番大きいのがコレです。

 

H-AAや他社製含む今までのスロージューサーは使用後の洗浄が手間でした

 

なぜか?それは食材を絞るフィルタ部分が網状で繊維がくっつき落とすのがとにかく大変だったからです。自分もH2H使ったときは繊維が付きまくり意外と面倒。

 

作るジュースは美味しいけど後片付けが面倒。洗いたくないからジュース作りたくない・・・

 

そう考えていた人も多かったのではないでしょうか?

 

今回「ヒューロムスロージューサーアドバンスド100」は網状のフィルタをやめ水洗いだけで洗浄可能に。

 

 

他にもドラムとスクリューも改善し、より洗いやすく。

 

 

H-AAと比べ洗浄時間は6分の1になりました。

 

「ジュース作りたいけど洗うのが面倒!」という人に優しくなりました。

 

もちろんスロージューサーの中でトップクラスと言われたH-AAの性能は据え置き

前機種のヒューロムスロージューサーH-AAは搾汁量や回転数など高品質なコールドプレスジュースを飲むのに必須の性能が、他のスロージューサーと比べて頭1つ飛び抜けていました。

 

「でもフィルタの形状変えたら性能が落ちるのでは?」

 

そこは心配いりません。本機種の「ヒューロムスロージューサーアドバンスド100」はH-AAと同じ、もしくはそれ以上のスペックとなっていて、同じように美味しいジュースが作れます

 

健康や美容のために栄養素や酵素がたくさん入った野菜ジュースを飲みたい人には嬉しい機種です

 

「アドバンスド100」と「H-AA」のその他の違い

付属品や特典はほぼ同じです。ただ見た目がかなりスタイリッシュなフォルムになりました。

 

価格はアドバンスド100が45,800円(税抜) 、H-AAが39,800円(税抜) となり6,000円の差があります。

 

ただスロージューサーの1番の悩みは洗うのが意外に大変なこと。それが解消できるのは思っている以上に大きいです。現行の機種を使ってみたら分かります。

 

なので現時点でスロージューサーの購入を検討しているなら洗浄が楽な最新モデル、H-AAではなくアドバンスド100の購入をおすすめします。

 

「アドバンスド100」と「H-A」のスペック比較

唯一スペック面で劣っているのがドラム容量。ただ450mlがいっぱいになるケースは稀です。

 

ある程度溜まったらジュースを落とせばいいだけですしね。

 

機種 アドバンスド100 H-AA
回転数(毎分) 43〜48回転 43〜48回転
ドラム容量 350ml 450ml
重さ 5.8kg 4.8kg
大きさ 幅292x奥行210x高さ462mm 幅223x奥行180x高さ407mm
投入口 縦口1箇所 縦口と大きめの斜角の2箇所
価格 45,800円(税抜) 36,800円(税抜)

 


 


 

スロージューサー のおすすめ比較を見る