スロージューサーランド|低速ジューサーのおすすめを比較!価格、値段の価値があるのは?

スロージューサーランド|低速ジューサーのおすすめを比較!価格、値段の価値があるのは?

スロージューサーランド|人気低速ジューサーのおすすめを比較!価格、値段の価値があるのは?

「専門店のコールドプレスジュースは美味しいけど価格が高いからそんなには買って飲めない」
「家でも手軽に美味しいジュースが作れないかな?」

 

健康のために自宅でコールドプレスジュースを作って飲みたいと思う方は多いです。そんな悩みに答えてくれるのが低速ジューサー(スロージューサー)です。

 

低速ジューサーなら栄養素や酵素を壊すことなく素材をジュースにすることができ、専門店で購入し続けるより安く続けられます。

 

  • 普通のミキサーでは壊れてしまう酵素や栄養素を生かし、健康や美容面で優れている
  • 野菜やフルーツのジュースなので苦手な人でも美味しく飲める
  • 専門店のコールドプレスジュースを、家でも手軽に安く作れ続けられる

 

しかし、スロージューサーを使ってみたいと思ってもメーカーが沢山あって、どれがオススメなのかわかりづらいですよね。

 

  • 朝は忙しく夜は疲れてる。続けるのに楽なスロージューサーがいいんだけど
  • 味がよく栄養もとれる。でも片付けやメンテナンスに優れたものがいい
  • 価格も安い買い物じゃないし、すぐ壊れたら困る・・。値段に見合うジューサー。結局どれがいいのかな・・?

 

「で、結局どれがいいのかわからない!」
「確かにコールドプレスジュース専門店のジュースはに1杯1000円近くする。専門店のコールドプレスジュースを自宅でも作れるスロージューサーはどれ?」

 

どのメーカーのスロージューサーでもジュースを作るのに十分な性能があります。正直ヒューロムでもクビンスでもシャープでもパナソニックでもティファールでもちゃんと作れます。でもちゃんと毎日続けられて、美味しいジュースを飲んで健康になりたい!という人には以下のポイントを満たすものがおすすめです。

 

  1. 酵素や栄養素をより生かしたままジュースにできる
  2. 長く使える(長期修理保証がある)

 

ジューサーは3万近くするものですし、せっかくなら良い物を長く使いたいですよね。
この2つのポイントを満たし、さらに人気売れ筋のスロージューサーが「ヒューロムスロージューサーH-AA」です。

 

いま購入するなら「ヒューロムスロージューサーH-AA」がオススメです。

 

低速ジューサー(スロージューサー)の売れ筋ランキング

2016年最新モデル ヒューロムスロージューサーH-AA

完全返品制度、5年無償修理保証!
トップクラスの低速回転で栄養素を壊さない!
「ピカイチ野菜君」で無農薬にんじんセット特典!

 

ヒューロム スロージューサーH-AAは前機種H2Hを超える低速回転と搾取量を備えています。スクリューの回転数を維持しながらブラシを分速17回転まで落とすことでより栄養素を多く取れるようになりました。
また500gのにんじんから248gのジュースが絞れ、H2Hより10g多い全機種トップクラスの搾取量です。
価格含めトータルバランスに優れた機種です。
健康のため、最高品質のジュースを1番多く飲みたい人にオススメ!

 

スロージューサー分野の中で売れ筋NO1のヒューロム社製のスロージューサーです!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
42,984円(税込) 43〜48回転(回転ブラシ17回転)

 

 

ヒューロムスロージューサーの口コミについて

・家族と同じ病気で闘病している方のHPで紹介されていたのを見たのがきっかけで購入しました。楽天での口コミが多かった事と、闘病仲間で使っている人が多かったので購入し、ジュース自体サラサラで飲みやすく満足です!極限まで素材を搾れてカスを抑えられるのもよかったです。他社製は素材の搾りが甘く、カスが少ないとはいえ、やっぱり勿体ないほど出てしまうなと感じてました。。カレーに使うにも限度があるな、でも捨てるのも罪悪感あるし。。。と思ったので。

 

・午前中に見ていた通販番組でたまたま見かけました。ヒューロムに決めたのはデザインがカッコよくて、部屋に置いた時、インテリアとしても良いかなと思ったからです。また他のスロージューサーと比較して音が静か目なところもよかったです。あまり音がうるさいのは苦手なので。購入してからはいつでも好きな時に簡単にスムージーを作って飲むことができるようになって嬉しいです。朝ごはんは必ずスムージーと決めています。

 

・テレビショッピングをみて野菜を丸ごと味わると聞いて興味を持ちました。ヒューロムにしたのはネットでの評価が高かったからです。とても滑らかで美味しいジュースが出来満足しています。材料費も毎日飲むと高くつくけど、外のコールドプレスジュース専門店は近くにないからすぐに買えないし、買ったとしてもすごい高いので、作りたてを家で飲めるということは良かったです。

 

2015年モデル クビンス ホール・スロージューサー

 ジューサー分野最長の10年無償修理保証!
 にんじんも丸ごと。直径7.3pの投入口!
 無農薬野菜セット付き!

 

クビンス ホールスロージューサーの最大の特徴は材料がまるごと入る(※)ことにあります。約7.5cmの広い投入口を採用し、材料を切る手間がありません。忙しい朝でもラクにジュースが作れます。
カットを最小限にしたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
39,800 円(税込み) 記載なし(同型のJSG-621は60回転)

 

 

クビンスホールスロージューサーの口コミについて

・インターネットの記事で手軽に野菜を取れると聞いて興味を持ちました。口コミを見たところ投入口が大きくジュースにするのに時間がかからないと聞き購入しました。ジュースを手軽においしく作れ満足でしていますが、掃除が思ったより大変でした。

 

・子どもができて、フレッシュジュースのお店にいくようになったのですが、ジュース屋さんのコールドプレスジュースは美味しいけど価格が高いからそんなには買って飲めないし、家でも手軽に美味しいジュースが作れないかと思って購入しました。野菜や果物の材料を入れる部分が大きかったため。使いやすさを選びました。某有名なジュース屋に劣らず、美味しく作る事ができ家族で喜んでます。ミキサーは既に持っていて、上手くジュースを作れていなかったので迷いませんでした。

 

・テレビをみて知りました。子どもが野菜嫌いのためジュースならいけるかな?と思って購入しました。カットする手間が大幅に削減でき、一般のジューサーみたいに音が煩くないし、美味しくて栄養も壊れにくい その上、酵素は何倍にも活性化するので満足です。

 

 

2016年秋最新モデル クビンスホールスロージューサープロ


ジューサー分野最長!10年無償修理保証!
素材を切らずにそのまま入れられるのはクビンスだけ!
「キレイshop」でお得なにんじんセット特典!

 

クビンスホールスロージューサープロは素材をカットせずまるごと入れられる「ホールスロージューサー」の後継機種です。前機種同様、野菜や果物をまるごと入れられる88mm投入口を持ちます。朝の忙しい時間や夜の疲れたときにも手軽にコールドプレスジュースが楽しめる。
お手軽に毎日コールドプレスジュースを続けたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
98,064円(税込) 未公表

 

 

売れ筋NO1!人気のスロージューサーは「ヒューロムスロージューサーH-AA」

完全返品制度、5年無償修理保証!
トップクラスの低速回転で栄養素を壊さない!
「ピカイチ野菜君」で無農薬にんじんセット特典!

 

ヒューロム スロージューサーH-AAは前機種H2Hを超える低速回転と搾取量を備えています。スクリューの回転数を維持しながらブラシを分速17回転まで落とすことでより栄養素を多く取れるようになりました。
また500gのにんじんから248gのジュースが絞れ、H2Hより10g多い全機種トップクラスの搾取量です。
価格含めトータルバランスに優れた機種です。
健康のため、最高品質のジュースを1番多く飲みたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
42,984円(税込) 43〜48回転(回転ブラシ17回転)

 

 

スロージューサーって価格、値段が高くない?

スロージューサーって高い気がする。おっしゃる通りです。1台3万近くするのでそう感じるのは自然なことです。
ただコールドプレスジュース専門店のジュースを購入すると1杯1000円近くします。これを1ヶ月毎日続けるとどうでしょうか?

 

例えば芸能人の間で流行りのジュースクレンズダイエットはコールドプレスジュースを一日に4,5回に分けて飲み続けるダイエットです。これだけで一日4、5000円かかります。これを1ヶ月続ければ・・・
一日1杯としても約3万円かかります。一人分としてもです。

 

家庭でスロージューサーを使ってジュースを作れるのであれば1杯200円もあれば作れますので、3ヶ月から半年以上飲めば十分にもとを取れます。

 

かと言って安いスロージューサーやAmazon、楽天などで購入するのはオススメしません。性能の低い型落ちのスロージューサーでは栄養価の高い酵素を壊さないフレッシュジュースを飲むというメリットが無くなります。

 

また通販では保証もつかないため、部品が消耗しやすいスロージューサーではかえって損をする可能性があります。正規代理店で長期無償修理保証付きのスロージューサーを購入するのがオススメです。

 

飽きっぽい性格だから続けられるかな?

実際にスロージューサーを使った感想で多いのが以下の2つです。

 

  1. 予想以上に滑らかで美味しいジュースでした。栄養もあり満足しています!
  2. 思ったより作るのが面倒・・

 

スロージューサーのジュースはスーパーやコンビニで売ってる野菜ジュースより遥かに美味しいです。特ににんじんの甘さがすごく引き出され、レモンを入れたジュースは最高の組み合わせです。

 

ただ投入口に合わせて野菜を切るのが結構手間です。休日の余裕のある時間ならいいですが、朝のドタバタしているときや、夜遅く帰ってきたときは疲れてるので億劫になりがちです。

 

投入口に合わせてそれなりにカットする必要がありますが、クビンスのホールスロージューサープロ(前機種のホールスロージューサーも)なら大きな投入口があり、野菜をカットする回数を減らすことができかなりラクができます。

 

2016年現在、素材をカットせずに入れられるのはクビンスのホールスロージューサーだけです。

 

【2016年9月発売、最新モデル登場!】クビンスホールスロージューサープロについて

 

スロージューサーのキャンペーンは時期により変わります。

低速ジューサーの購入時のキャンペーンは月により内容が変わることがあります。今月はジューサーの洗浄後の部品スタンドついてくる・・と思ったら、翌月にはスタンドではなく緑黄色野菜のケールになっていたり。人気のジューサーに至っては製品そのものが品切れになっていることがあります。

 

ですので、欲しいと思ったら早めに申し込むということをオススメします。今ならヒューロムとクビンスでそれぞれ特典の野菜+果物がつき、ヒューロムは「ピカイチ野菜くん」での購入で5年無償保証、クビンスは「キレイSHOP」での購入で10年無償保証がつきます。スロージューサーは安くない買い物ですので、長期修理保証付きで購入するのがオススメです。その意味でヒューロムとクビンスのサポート体制はうれしいですね。

 

搾汁量って何?スロージューサーでも機種によってジュースの量が違うって聞いだんだけど

搾汁量とは一定量の野菜や果物から何mlのジュースが搾れるかを測定したものです。
スロージューサー、特にスクリューの性能によっては搾りが甘く素材を無駄に消費する可能性があります。搾りかす側に水分が残ってしまうのです。

 

例えば500gのにんじんがあった時、とあるスロージューサーは170mlしか搾れない。別のスロージューサーは260cc搾れる。
このようにジュースの量は差が大きくあり、長期的に見てコールドプレスジュースを作る費用に大きく差がでます。

 

スロージューサーを使うメリットは専門店で購入するよりはるかに安くコールドプレスジュースを作れることです。1杯1000円近くかかるものを100円〜200円前後に抑えられるので経済的なんですね。
でも効率よく多くの野菜ジュースを作れるかはスロージューサーによって差がでます。

 

基本的に搾汁量をデータとして出しているのはヒューロム社だけです。最新機種のH-AAであれば500gのにんじんから260cc搾ることが可能です。
他社の公開データはありませんが、ピカイチ野菜くんの他社含む「同じ量の野菜からどれだけジュースが作れるか?」の検証動画ではヒューロム社製のスロージューサーが頭一つ抜けて搾れたという結果が出ています。

 

回転速度が低速だとどんなメリットがあるの?

低速ジューサーはその名のとおり専用のスクリュー(石臼式)を低速で回転させてジュースを搾る機械です。似た製品でミキサーや高速ジューサーがありますが、こちらは刃を高速で回転させた時の熱で栄養素や酵素を壊す可能性があります。

 

低速ジューサーの1分間の回転数が少ない(遅く回転する)ほどより栄養素や酵素を壊さずにジュースを作ることができます。健康のためより多くの栄養素や酵素をとりたい方は回転数も確認することがポイントです。

 

低速ジューサーの片づけは大変?

片付けはスロージューサーの部品を外して1つずつ掃除していきます。繊維が大量についていますが、水で流せばほとんど落ちます。
付属のブラシは使わなくても水だけで繊維を流せますので、あとは軽くスポンジで洗えばキレイになります。想像よりも洗いやすいと思います。

 

ミキサーと違って刃もないので安全に洗えるのもポイントです。

 

低速ジューサー、壊れたりしないかな?

今各社で人気のスロージューサーの部品は丈夫な作りになっていて簡単には壊れないようになっています。

 

長期間使っても壊れにくいですが、購入先によっては【5年(10年)無償修理保証】がついてくる製品があります。
期間内であれば無償で修理が可能ですので何年も使い続けたい人は必ず保証付きの製品を探したほうがいいでしょう。

 

クビンスは「キレイSHOP」で購入すると10年無償修理保証。
ヒューロムは「ピカイチ野菜くん」で購入すると5年無償修理保証で購入できます。

 

【2016年9月時点】最新型のスロージューサー

2016年9月、クビンスの最新モデルも発売され、過去1番の高性能な仕上がりのジューサーが発売されました!
2016年最新のスロージューサーはこちらになります。

 

2016年9月時点のスロージューサー比較、ランキング表
メーカー ヒューロム クビンス
最新機種 ヒューロムスロージューサーH-AA クビンスホールスロージューサープロ
発売日 2016年4月 2016年9月
オススメ度

 

2016年9月、クビンスから新モデル「クビンスホールスロージューサープロ」が発売されました!


前機種同様素材をそのまま入れることができ、10年保証。でも性能はアップ!「クビンスホールスロージューサー」の完全上位モデルです。

詳しくはこちらを御覧ください。
【2016年9月発売、最新モデル登場!】クビンスホールスロージューサープロについて

 



 

トップへ戻る