スロージューサーランド|低速ジューサーのおすすめを比較!

スロージューサーランド|低速ジューサーのおすすめを比較!

スロージューサーランド|低速ジューサーのおすすめを比較!


あなたは健康のために手軽にもっと野菜をとりたいと思いませんか?それなら低速ジューサー(スロージューサー)で作るコールドプレスジュースがオススメです。低速ジューサーなら栄養素や酵素を壊すことなく野菜や果物をとることができます。

 

低速ジューサーを使ってみたい。でもどのジューサーを選んだらいいか数が多くてわかりづらいですよね。

 

とにかくいいジューサーを使って美味しいジュースを飲んでみたい、健康になりたいという人には以下の3つのポイントを満たすものがおすすめです。

 

 1. 同じ素材からより多く搾れる
 2. 回転数が遅く栄養素を壊さない
 3. 長く使える(長期保証がある)

 

ジューサーは3万近くするものですし、せっかくなら良い物を長く使いたいですよね。

 

今なら2016年ヒューロムの最新モデルも発売され、過去1番の高性能な仕上がりのジューサーが発売されました!

 



 

さらに製品によってはキャンペーン特典がつくことがあります。無農薬の野菜や果物、使い方のDVDがセットなら、購入後すぐにコールドプレスジュースが作れますね。 


 

低速ジューサー(スロージューサー)のおすすめ比較ランキング

ヒューロムスロージューサーH-AA

完全返品制度、5年無償修理保証!
トップクラスの低速回転で栄養素を壊さない!
「ピカイチ野菜君」で無農薬にんじんセット特典!

 

ヒューロム スロージューサーH-AAは前機種H2Hを超える低速回転と搾取量を備えています。スクリューの回転数を維持しながらブラシを分速17回転まで落とすことでより栄養素を多く取れるようになりました。
また500gのにんじんから248gのジュースが絞れ、H2Hより10g多い全機種トップクラスの搾取量です。
健康のため、最高品質のジュースを1番多く飲みたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
42,984円(税込) 43〜48回転(回転ブラシ17回転)

 

 

ヒューロムスロージューサーH2H

完全返品制度、5年無償修理保証!
トップクラスの低速回転で栄養素を壊さない!
「ピカイチ野菜君」で無農薬にんじんセット!

 

ヒューロムスロージューサーH2Hの最大の特徴はスロージューサーに1番必要な機能、低速回転と搾取量を備えていることです。
最新モデルH-AAにトップの座は譲りましたが分速43〜48回転と栄養素を壊さず、500gのにんじんから238gのジュースが絞れるトップクラスの搾取量です。
健康的に美味しいジュースを多く飲みたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
39,744円(税込) 43〜48回転

 

 

クビンス ホール・スロージューサー

 ジューサー分野最長の10年無償修理保証!
 にんじんも丸ごと。直径7.3pの投入口!
 無農薬野菜セット付き!

 

クビンス ホールスロージューサーの最大の特徴は材料がまるごと入る(※)ことにあります。約7.5cmの広い投入口を採用し、材料を切る手間がありません。忙しい朝でもラクにジュースが作れます。
カットを最小限にしたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
39,800 円(税込み) 記載なし(同型のJSG-621は60回転)

 

 

 

 

低速ジューサーを選ぶなら、特典、回転数、保証年数、総合的に見てヒューロムスロージューサーH-AAがおすすめ!

完全返品制度、5年無償修理保証!
トップクラスの低速回転で栄養素を壊さない!
「ピカイチ野菜君」で無農薬にんじんセット!

 

ヒューロム スロージューサーH-AAは前機種H2Hを超える低速回転と搾取量を備えています。スクリューの回転数を維持しながらブラシを分速17回転まで落とすことでより栄養素を多く取れるようになりました。
また500gのにんじんから248gのジュースが絞れ、H2Hより10g多い全機種トップクラスの搾取量です。
健康のため、最高品質のジュースを1番多く飲みたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
42,984円(税込) 43〜48回転(回転ブラシ17回転)

 

 

 

低速ジューサーのキャンペーンは時期により変わります。

低速ジューサーの購入時のキャンペーンは月により内容が変わることがあります。今月はジューサーの洗浄後の部品スタンドついてくる・・と思ったら、翌月にはスタンドではなく緑黄色野菜のケールになっていたり。人気のジューサーに至っては製品そのものが品切れになっていることがあります。

 

ですので、欲しいと思ったら早めに申し込むということをオススメします。最近ではヒューロムとクビンスでそれぞれ特典の野菜+果物と5年以上の長期保証をつけています。ですので、修理保証付きで低速ジューサーが欲しいという方はヒューロムかクビンスで検討してみてはいかがでしょうか。

 

搾汁量って何?スロージューサーでも機種によってジュースの量が違うって聞いだんだけど

搾汁量とは一定量の野菜や果物から何mlのジュースが搾れるかを測定したものです。
スロージューサー、特にスクリューの性能によっては搾りが甘く素材を無駄に消費する可能性があります。搾りかす側に水分が残ってしまうのです。

 

例えば500gのにんじんがあった時、とあるスロージューサーは170mlしか搾れない。別のスロージューサーは260cc搾れる。
このようにジュースの量は差が大きくあり、長期的に見てコールドプレスジュースを作る費用に大きく差がでます。

 

スロージューサーを使うメリットは専門店で購入するよりはるかに安くコールドプレスジュースを作れることです。1杯1000円近くかかるものを100円〜200円前後に抑えられるので経済的なんですね。
でも効率よく多くの野菜ジュースを作れるかはスロージューサーによって差がでます。

 

基本的に搾汁量をデータとして出しているのはヒューロム社だけです。最新機種のH-AAであれば500gのにんじんから260cc搾ることが可能です。
他社の公開データはありませんが、ピカイチ野菜くんの他社含む「同じ量の野菜からどれだけジュースが作れるか?」の検証動画ではヒューロム社製のスロージューサーが頭一つ抜けて搾れたという結果が出ています。

 

回転速度が低速だとどんなメリットがあるの?

低速ジューサーはその名のとおり専用のスクリューを低速で回転させてジュースを搾る機械です。ミキサーのように刃を高速で回転させると発生する熱などで栄養素や酵素を壊す可能性があります。

 

低速ジューサーの1分間の回転数が少ない(遅く回転する)ほどより栄養素や酵素を壊さずにジュースを作ることができます。健康のためより多くの栄養素や酵素をとりたい方は回転数も確認することがポイントです。

 

低速ジューサーの片づけは大変?

片付けはスロージューサーの部品を外して1つずつ掃除していきます。繊維が大量についていますが、水で流せばほとんど落ちます。
付属のブラシは使わなくても水だけで繊維を流せますので、あとは軽くスポンジで洗えばキレイになります。想像よりも洗いやすいと思います。

 

ミキサーと違って刃もないので安全に洗えるのもポイントです。

 

低速ジューサー、壊れたりしないかな?

今各社で人気のスロージューサーの部品は丈夫な作りになっていて簡単には壊れないようになっています。

 

長期間使っても壊れにくいですが、購入先によっては【5年(10年)無償修理保証】がついてくる製品があります。
期間内であれば無償で修理が可能ですので何年も使い続けたい人は必ず保証付きの製品を探したほうがいいでしょう。

 

ヒューロム2016年新モデル「ヒューロムスロージューサーH-AA」は何が違う?

スロージューサーのメーカーとして有名なヒューロムから更に使いやすくなった、家庭向けの2016年新モデル「ヒューロムスロージューサーH-AA」の発表がありました!
スロージューサーH2H」の完全上位モデルで、詳しくはこちらを御覧ください。


ヒューロムスロージューサーH-AAの詳細

最新「ヒューロムスロージューサーH-AA」とH2H」の違いを比較

ピカイチ野菜くん主催のスロージューサーH-AA実演会に参加しました!